電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

活動一覧

学会研究発表

2017.6
日本獣医麻酔外科学会
小型犬の橈尺骨骨折74症例77肢に対する骨プレート法の長期的予後および合併症に関する回顧的研究(発表者:宮崎)
2017.6
日本獣医麻酔外科学会
術後再発した脊髄くも膜憩室(3例)に対する片側椎弓切除術、造窓術および椎体固定術の効果(発表者:島津)
2016.12
日本獣医麻酔外科学会
外科的減圧術に予防的造窓術を併用した小型犬の頸部椎間板ヘルニア85症例における術後成績(発表者:岩田)
2016.6
日本獣医麻酔外科学会
腕神経叢に発生した悪性末梢神経鞘腫に対し外科的切除を行った犬の2例および未治療1例の追跡調査(発表者:宮﨑)
2016.6
日本獣医麻酔外科学会
膝蓋骨内方脱臼に伴う前十字靭帯断裂に対しModified Tibial Plateau Levellingを実施した柴犬の一例(発表者:岩田)
2016.6
日本獣医麻酔外科学会
浅趾屈筋腱脱臼に対し踵骨隆起の造溝および滑液包の縫縮を行った犬と同処置に加えスクリューによる再脱臼防止を行った犬の症例(発表者:島津)
2016.6
日本獣医麻酔外科学会
小型犬の頸部椎間板ヘルニア215症例における疫学的特徴(発表者:岩田)
2015.6
日本獣医麻酔外科学会
脊髄転移巣診断後、頭蓋内原発巣を検出した脈絡叢腫瘍の犬の1例(発表者:西村)
2015.6
日本獣医麻酔外科学会
下顎リンパ節を原発巣とする血管肉腫の猫の1例(発表者:岩田)
2015.6
日本獣医麻酔外科学会
近位結腸粘膜下に形成された血管肉腫を切除後、約20ヶ月間再発および転移を認めない犬の1例(発表者:岩田)
2014.6
獣医麻酔外科学会
胸腺腫摘出後、重症筋無力症が悪化・持続した犬の1例(発表者:貞廣)
2014.6
獣医麻酔外科学会
椎体骨折・脱臼の外科治療症例(犬53例、猫14例)に対する回顧的調査(発表者:貞廣)
2014.6
獣医麻酔外科学会
頸部の椎間板関連脊髄動的圧迫に対してベントラルスロットと椎体固定術を行った小型犬の3例(発表者:西村)
2014.6
獣医麻酔外科学会
軟骨異栄養性犬種における椎間板髄核変性に関する研究(発表者:岩田)
2014.6
獣医麻酔外科学会
環椎軸椎領域に発生した扁平上皮癌により横断性脊髄障害を認めた犬の1例(発表者:宮崎)
2013.6
獣医麻酔外科学会
スキンストレッチャーを用いてプレストレッチングを行い両側乳腺全切除術を実施した2例(発表者:貞廣)
2013.6
獣医麻酔外科学会
閉塞性尿管結石症に対して尿管ステント設置術を実施した猫の1例(発表者:貞廣)
2013.6
獣医麻酔外科学会
脊髄造影検査Myelography〜decision makingと手技習得を目指して〜(発表者:貞廣)
2013.6
獣医麻酔外科学会
甲状舌管嚢胞による咳の誘発が疑われた犬の一例(発表者:西村)
2013.6
獣医麻酔外科学会
線維性胸膜炎を併発した乳び胸に対して胸腔内大網固定術と心嚢膜切除術を行い、術後胸腔カテーテルの低圧持続吸引により肺の再拡張が認められた猫の一例(発表者:西村)
2012
欧州獣医外科専門医協会(ECVS)年次大会 Barcelona(Spain)
Modified ventral stabilization using positively threaded profile pins and polymethylmethacrylate for atlantoaxial instability in 49 dogs(発表者:相川)
2012
欧州獣医外科専門医協会(ECVS)年次大会 Barcelona(Spain)
A comparison of thoracolumbar intervertebral disc extrusion in French Bulldogs and Dachshunds and its association with congenital anomalies(発表者:相川)
2012
欧州獣医外科専門医協会(ECVS)年次大会 Barcelona(Spain)
Assessment of post-operative recovery and second disc extrusion after hemilaminectomy and fenestration in 831 dogs with thoracolumbar intervertebral disc herniation(発表者:相川)
2012
欧州獣医外科専門医協会(ECVS)年次大会 Barcelona(Spain)
Recurrent thoraco-lumbar intervertebral disc extrusion after hemilaminectomy and concomitant prophylactic fenestration in 793 chondrodystrophic dogs(発表者:相川)
2012
欧州獣医外科専門医協会(ECVS)年次大会 Barcelona(Spain)
Hemilaminectomy and vertebral stabilization for thoracolumbar intervertebral disc associated vertebral instability in 11 dogs(発表者:相川)
2012
欧州獣医外科専門医協会(ECVS)年次大会 Barcelona(Spain)
Epidural idiopathic sterile pyogranulomatous inflammation causing spinal cord compressive injury in four dogs(発表者:柴田)
2011
米国獣医外科専門医協会(ACVS)年次大会 Chicago(USA)
Thoracolumbar intervertebral disc extrusion in French Bulldogs: The dissimilarity from that of Miniature Dachshund and the association with the congenital vertebral anomalies(発表者:相川)
2011
米国獣医外科専門医協会(ACVS)年次大会 Chicago(USA)
Assessment of postoperative recovery, time to ambulation, urinary and fecal incontinence in 831 dogs with thoracolumbar intervertebral disc herniation(発表者:相川)
2011
米国獣医外科専門医協会(ACVS)年次大会 Chicago(USA)
Hemilaminectomy and vertebral stabilization for the thoracolumbar intervertebral disc associated vertebral instability in 11 dogs(発表者:相川)
2011
米国獣医外科専門医協会(ACVS)年次大会 Chicago(USA)
Epidural idiopathic sterile pyogranulomatous inflammation causing spinal cord compressive injury in four dogs.(発表者:柴田)
2011
米国獣医外科専門医協会(ACVS)年次大会 Chicago(USA)
Hemi-Dorsal laminectomy and vertebral stabilization for treatment of solitary vertebral plasmacytoma in a dog(発表者:柴田)
2011
日本獣医がん学会
猫ワクチン関連肉腫に対して根治的切除手術を行った7例に対する考察(発表者:相川)
2011
獣医神経病学会
831例の胸腰椎椎間板疾患における片側椎弓切除後の術後回復率、起立歩行までの期間、排便および排尿不全についての評価(発表者:相川)
2011
獣医神経病学会
片側椎弓切除術と予防的造窓術を受けた軟骨異栄養性犬793頭の再発性椎間板逸脱(発表者:相川)
2011.6
獣医麻酔外科学会
フレンチブルドッグにおける胸腰部椎間板逸脱:ミニチュア・ダックスフンドとの相違点と椎骨形成異常との関連性(発表者:相川)
2011.6
獣医麻酔外科学会
骨盤骨折後の変形癒合に伴う骨盤腔狭窄により排便障害を示した猫に対し骨盤矯正骨切り術を実施した2例(発表者:柴田)
2011.6
獣医麻酔外科学会
排便困難と高Ca血症を伴う肛門嚢アポクリン腺癌の犬に原発腫瘍切除とリンパ節減容積手術を行い25ヶ月間良好な生活を維持できた1例(発表者:浅野)
2010
獣医神経病学会
環椎軸椎不安定症45例に対する陽性ネジピンとPMMAによる腹側固定変法の効果(発表者:相川)
2010
米国獣医外科専門医協会(ACVS)年次大会 Seattle(USA)
Modified ventral stabilization using positively threaded profile pins and polymethylmethacrylate for atlanto-axial instability in 45 dogs(発表者:相川)
2010
米国獣医外科専門医協会(ACVS)年次大会 Seattle(USA)
Recurrent thoraco-lumber intervertebral disc extrusion after hemilaminectomy and concomitant prophylactic fenestration in 793 chondrodystrophic dogs(発表者:相川)
2010.7
獣医麻酔外科学会
椎体に病変を形成し特発性無菌性化膿性肉芽腫が疑われたミニチュア・ダックスの1例(発表者:柴田)
2010
日本獣医がん学会
頬骨弓原発骨肉腫に対して頬骨弓、下顎骨尾側、顎関節を含むエンブロック切除した犬の1例(発表者:相川)
2010
獣医神経病学会
嗅神経芽腫の犬の1例(発表者:相川)
2010
獣医神経病学会
片側–背側椎弓切除術および椎体固定術により術後9ヶ月間歩行を維持した胸椎の形質細胞性腫瘍の犬の1例(発表者:柴田)
2009.12
獣医麻酔外科学会
腹大動脈血栓塞栓症に対し血栓摘出術および両側骨盤亜全摘出術を実施した犬の1例(発表者:相川)
2009.6
獣医麻酔外科学会
肝動静脈瘻に対し、肝葉切除および後大静脈絞扼術を行った犬の1例(発表者:相川)
2009.6
獣医麻酔外科学会
猫の肥満型星細胞腫の1例(発表者:相川)
2009.6
獣医麻酔外科学会
犬の骨盤骨折に伴う骨盤内尿道損傷(尿道断裂および尿道狭窄)の2症例(発表者:藤田)
2009
獣医神経病研究会
後頭骨–環椎–軸椎に発生したガングリオンにより四肢不全麻痺を呈した猫の1例(発表者:高橋)
2008.12
獣医麻酔外科学会
胸管結紮術と乳ビ槽掻爬により再発が見られた乳ビ胸に対して能動的胸腔腹腔シャント装置(Denver Shunt)を使用し長期管理した犬の1例(発表者:相川)
2008.12
獣医麻酔外科学会
特発性無菌性化膿性肉芽腫による脊髄圧迫障害を起こした犬の7例(発表者:相川)
2007
日本獣医内科学アカデミー
四肢不全麻痺を主訴に来院した頚部髄膜腫疑いの猫の1例(発表者:高橋)
2006
米国獣医外科専門医協会(ACVS)年次大会 Washington, D.C.(USA)
Vertebral fusion using positive thread profile pins and polymethylmethacrylate with or without laminectomy for spinal canal stenosis and vertebral instability secondary to the congenital thoracic vertebral anomaly in 11 dogs(発表者:相川)
2006.6
獣医麻酔外科学会
先天性椎体奇形に起因する椎体不安定症、脊柱管狭窄に対して椎弓切除術と陽性ネジピンと骨セメントにより椎体固定術を実施した11例の治療成績(発表者:相川)
2006
獣医神経病研究会
神経芽腫による脊髄圧迫が認められた若齢犬の1例(発表者:金園)
2006
獣医神経病研究会
ミニチュアダックスフントに脊髄圧迫障害を起こした化膿性肉芽腫性脂肪織炎の5例(発表者:相川)
1998
米国獣医外科専門医協会(ACVS)年次大会 Chicago(USA)
CT and MRI in the diagnosis of intraforaminal or lateral intervertebral disc herniation(発表者:相川)

論文

2018
Journal of the American Animal Hospital Association
Hemilaminectomy, diverticulal marsupialization and vertebral stabilization for thoracolumbar spinal arachnoid diverticula in 5 dogs (in press)
Aikawa T, Miyazaki Y, Shimatsu T, Iizuka K.
2018
Veterinary and Comparative Orthopaedics and Traumatology
Clinical outcomes and complications after open reduction and internal fixation utilizing conventional plates in 65 distal radial and ulnar fractures of miniature- and toy-breed dogs (in press)
Aikawa T, Miyazaki Y, Shimatsu T, Iizuka K, Nishimura M.
2018
Veterinary Surgery
Use of skin stretchers for single-stage bilateral mastectomies in a dog and a cat.
Miyazaki Y, Aikawa T, Shimatsu T, Nishimura M, Sadahiro S.
2017
Veterinary and Comparative Orthopaedics and Traumatology
Incidence of Abnormalities of the Second and Third Cervical Vertebral Junction in Dogs with Atlantoaxial Instability: A Multicentre Study
Schneider M,Aikawa T, et al.
2016
Canadian Veterinary Journal
Squamous cell carcinoma causing dorsal atlantoaxial spinal cord compression in a dog
Miyazaki Y, Aikawa T, Nishimura M, Iwata M, et al.
2014
Veterinary and Comparative Orthopaedics and Traumatology
Ganglion cyst arising from the composite occipito-atlanto-axial joint cavity in a cat.
Aikawa T, Sadahiro S, Nishimura M, Miyazaki Y, Shibata M.
2014
Veterinary Surgery
A comparison of thoracolumbar intervertebral disc extrusion in French Bulldogs and Dachshunds and association with congenital vertebral anomalies.
Aikawa T, Shibata M, Asano M, et al.
2013
獣医麻酔外科学雑誌
線維性胸膜炎を併発した乳び胸に対して胸腔内大網固定術、心嚢膜切除術、胸腔内の陰圧維持管理により治療した猫の一例
西村 政晃, 相川 武, 貞廣 茂夫, 宮崎 悠太
2013
日本獣医がん学会雑誌
猫ワクチン関連肉腫に対して根治的切除手術を行った7例
相川 武, 大川内 充輝, 柴田 光啓, 貞廣 茂夫
2013
Veterinary and Comparative Orthopaedics and Traumatology
Hemilaminectomy and vertebral stabilisation for thoracolumbar intervertebral disc associated dynamic compression in 11 dogs.
Aikawa T, Shibata M, Sadahiro S.
2013
Veterinary Surgery
Modified ventral stabilization using positively threaded profile pins and polymethylmethacrylate for atlantoaxial instability in 49 Dogs.
Aikawa T, Shibata M, Fujita H.
2012
Journal of the American Veterinary Medical Association
Long-term neurologic outcome of hemilaminectomy and disk fenestration for treatment of dogs with thoracolumbar intervertebral disk herniation: 831 cases (2000-2007).
Aikawa T, Fujita H, Kanazono S, Yoshigae Y.
2012
Veterinary Surgery
Recurrent thoracolumbar intervertebral disc extrusion after hemilaminectomy and concomitant prophylactic fenestration in 662 chondrodystrophic dogs.
Aikawa T, Fujita H, Shibata M, Takahashi T.
2010
獣医麻酔外科学雑誌
Cerebral gemistocytic astrocytoma in a cat
Aikawa T, Takahashi T, Fujita H, Shibata M, Minami T.
2009
獣医麻酔外科学雑誌
犬の骨盤骨折に伴う骨盤内尿道断裂 および尿道狭窄の2症例
藤田 宏志, 高橋 大志, 柴田 光啓, 相川 武
2009
獣医麻酔外科学雑誌
胸管結紮術と乳び槽切除術により再発が見られた乳び胸に対して能動的胸腔腹腔シャント装置 (Denver Shunt)を使用し長期管理した犬の1例
相川 武, 高橋 大志, 藤田 宏志
2009
Journal of the American Animal Hospital Association
Unilateral hydronephrosis and partial ureteral obstruction by entrapment in a granuloma in a spayed dog.
Kanazono S, Aikawa T, Yoshigae Y.
2008
Veterinary Surgery
Epidural idiopathic sterile pyogranulomatous inflammation causing spinal cord compressive injury in five Miniature Dachshunds.
Aikawa T, Yoshigae Y, Kanazono S.
2007
Veterinary Surgery
Vertebral stabilization using positively threaded profile pins and polymethylmethacrylate, with or without laminectomy, for spinal canal stenosis and vertebral instability caused by congenital thoracic vertebral anomalies
Aikawa T, Kanazono S, Yoshigae Y, et al.

著書

2018
猫の診療指針 Part 2緑書房相川
高所落下症候群、骨折および脱臼
2017
スキルアップシリーズ Target 28 DVDインターズー相川・島津
-若手獣医師のための実践プログラム-四肢の包帯法とその他の外固定法
2017
SA Medicine 2017 (108)インターズー宮﨑
症候シリーズ Vol.14 運動失調・麻痺 2)脊椎(椎体)奇形
2017
Joncol 2017(22)ファームプレス宮﨑
頭頸部扁平上皮癌の外科
2015
犬と猫の神経病学 各論編 DAMNIT-V分類と代表的疾患緑書房相川
環椎・軸椎不安定症、硬膜外の特発性無菌性化膿性肉芽腫による脊髄障害、外傷性ニューロパチー
2015
MVM 2015(152)ファームプレス岩田
椎間板ヘルニアの未来形 後編 頸部椎間板ヘルニア(Cervical intervertebral disc herniation:C-IVDH)
2014
MVM 2014(151)ファームプレス宮﨑・相川
椎間板ヘルニアの未来形 前編 脊髄造影検査
2014
SURGEON 2014(108)インターズー宮﨑・相川
骨腫瘍の外科〜四肢〜後肢断脚術、片側骨盤切除術
2013
伴侶動物治療指針 vol.4緑書房相川
肘関節形成不全,異形成(elbow dysplasia)の治療法
2013
SURGEON 2013(97)インターズー相川・貞廣
縫合前の工夫(スキン・ストレッチャー)
2012
SA Medicine 2012(82)インターズー相川
単純・脊髄造影検査、脳脊髄液検査
2012
伴侶動物治療指針 vol.3緑書房柴田・相川
犬でみられる後肢の疾患に対しての外科的アプローチ ~前十字靭帯断裂,レッグペルテス~
2012
CAP 2012(274)緑書房相川
DAMNIT-Vで学ぶ神経病各論 第45回「外傷性ニューロパチー」
2011
伴侶動物治療指針 vol.2緑書房相川
脊髄外傷に対する精度の高い治療法
2011
NJK 2011(116)ピージェイシー株式会社相川・柴田
股関節全置換術(Total Hip Replacement: THR)
2010
CAP 2010(256)チクサン出版社相川
DAMNIT-Vで学ぶ神経病各論  第28回 「環椎・軸椎不安定症」
2010
伴侶動物治療指針 vol.1チクサン出版社相川
胸腰部椎間板疾患の外科治療
2010
PREMIUM SURGEON CE vol.6インターズー相川
・環軸‐椎体不安定症
・先天性脊椎形成異常
2010
SURGEON 2010(84)インターズー相川
椎間板ヘルニア(後編)椎間板ヘルニアの外科的治療法 片側椎弓切除術・予防的造窓術
2010
SURGEON 2010(83)インターズー相川
椎間板ヘルニア(前編)椎間板ヘルニアの診断法-単純・脊髄造影X線検査
2010
NJK 2010(106)ビージェイシー株式会社相川・柴田
脛骨高平部水平化骨切り術 (TPLO)
2010
NJK 2010(102)ビージェイシー株式会社相川・柴田
脛骨異形成症に対する脛骨骨切り術およびハイブリッド環状創外固定器を用いた変形の矯正法
2008
CAP 2008(231)チクサン出版社藤田・相川
関節液検査を用いた診断へのアプローチ
2007
SURGEON 2007(61)インターズー相川
脊髄損傷性疾患—脊椎安定化手術と術後リハビリテーション—先天性脊椎形成異常
2005
SURGEON 2005(53)インターズー相川
頚部の神経疾患 環椎−軸椎不安定症
2004
CAP 2004(182)チクサン出版社相川(翻訳監修)
リング型創外固定装置を用いた犬の前腕・下腿骨折の安定化(25症例について)
2004
SURGEON 2004(45)インターズー相川
骨盤骨折(後編) 股関節構成骨格(寛骨臼,大腿骨および骨頸)の骨折
2003
SURGEON 2003(39)インターズー相川
胸部および胸郭の外科 胸郭損傷
2003
CAP 2003(166)チクサン出版社相川(翻訳監修)
雄犬の尿道脱を外科的に治療するための尿道固定術
2002
CAP 2002(152–158)チクサン出版社相川
小動物外科シリーズ
骨関節疾患の検査法(前肢)
膝関節疾患 十字靭帯、半月板の疾患
膝関節疾患(膝蓋骨脱臼)
股異形成(Hip Dysplasia)
2001
CAP 2001(150)チクサン出版社相川
・監修を終えて 骨折と脱臼の治療
・症例報告 患者の評価と複数の固定具を併用した治療法の特性
2001
CAP 2001(150)チクサン出版社相川(翻訳監修)
特集 骨折と脱臼における新・指針
・骨折整復を成功させるために考慮するガイドライン
・犬の寛骨大腿骨脱臼の管理
・長骨骨折の整復における創外固定の適用
2001
CAP 2001(105)チクサン出版社相川
骨折と脱臼における新・指針 患者の評価と複数の固定具を併用した治療法の特性
2000
CVCカレントベテリナリークリニック1文永堂出版相川
門脈体循環シャント手術とアメロイドリング
1999–2001
CAP 1999–2001(124–148)チクサン出版社相川
小動物外科シリーズ(隔月連載)
神経疾患⑴
神経疾患⑵
神経疾患⑶
神経疾患⑷胸腰部椎間板疾患
神経疾患⑸胸腰部椎間板疾患
神経疾患⑹頚部椎間板疾患
神経疾患⑺脊椎骨折による脊髄損傷
神経疾患⑻椎体不安定症Part 1
神経疾患⑼先天性椎体奇形による椎体不安定症
神経疾患⑽環椎–軸椎亜脱臼
神経疾患⑾馬尾症候群
神経疾患⑿線維軟骨性脊髄梗塞
神経疾患⒀腫瘍性疾患による脊髄障害
1999
CAP 1999(126)チクサン出版社相川(翻訳)
ラブラドール・レトリーバーにおける骨異形成:X線学的研究BoneDysplasia in the Labrador Retriever: Radiographic Study
1999
CAP 1999(118–122)チクサン出版社相川
小動物外科シリーズ
胃拡張–捻転症候群
門脈体循環シャント内分泌系腫瘍
1999
MVM 1999(43)ファームプレス相川(通訳)
座談会 獣医療におけるペインコントロール–動物も痛みを感じる
1999
MVM 1999(41)ファームプレス相川
肘の疾患
1998
MVM 1998(37)ファームプレス相川
成長板早期閉鎖の管理
1998
MVM 1998(36)ファームプレス相川
股異形成(Hip Dysplasia)に対するアプローチ
1998
MVM 1998(35)ファームプレス相川
好クローム性細胞腫
1998
MVM 1998(33)ファームプレス相川
門脈体循環シャントに対するアプローチ
1997
MVM 1997(32)ファームプレス相川
馬尾症候群
1997
MVM 1997(30)ファームプレス相川
ウォーブラー症候群に対するアプローチ

卒後教育講演

2017.12
日本獣医麻酔外科学会相川
混同しやすい整形外科疾患と神経疾患の見極め~私はこうしている~:後肢麻痺
2017.10
獣医脳神経脊椎外科研究会相川
環軸椎へのアプローチと固定術
2017.6
日本獣医麻酔外科学会 特別企画シンポジウム相川
変性性腰仙椎狭窄症「外科療法(減圧など)」
2017.2
日本獣医師会獣医学術学会年次大会相川
悩ましい症例〜神経疾患/整形疾患へのアプローチ(第二部)「後肢跛行の鑑別診断:神経系疾患」
2016.12
獣医脳神経脊椎外科研究会 設立記念講演会相川
小型犬種の頸部椎間板疾患の疫学的特徴、術後成績、予防的造窓術の効果
2016.6
大阪志学会セミナー相川
椎間板ヘルニアの外科治療
2016.6
日本獣医がん学会相川
頭頸部扁平上皮癌の外科
2016.6
麻酔ブートキャンプ2015 in Tokyo相川
公開講座「整形・神経疾患と麻酔~外科・麻酔専門医達によるそれぞれの視点から~」
神経疾患の外科
2016.3
日本獣医麻酔外科学会 東京地区講習会相川
脊髄疾患を極める!〜診断、内科、外科における最新情報〜 「脊髄造影検査、胸腰部外科疾患」
2015.11
動物臨床医学会年次大会相川
後頭骨-頸椎移行部疾患の現状と対策
2015.9
日本臨床獣医学フォーラム年次大会相川
軟部外科東京レクチャーシリーズ:アドバンス・番外編 −胸壁・体表−
2015.9
麻酔ブートキャンプ2015 in Hokkaido相川
公開講座「整形・神経疾患と麻酔~外科・麻酔専門医達によるそれぞれの視点から~」
神経疾患の外科
2015.8
獣医脳神経脊椎外科研究会相川
脳神経・脊椎外科においてそれぞれルーツの違う代表3名による獣医学セミナー
2015.7
日本獣医がん学会相川
サージカルマージンを考える「猫の線維肉腫 外科医」
2015.5〜2016.3
日本臨床獣医学フォーラム 東京レクチャーシリーズ相川
軟部外科攻略シリーズ1「上部消化管:唾液腺から食道、胃、小腸まで」
軟部外科攻略シリーズ2「下部消化管:大腸から肛門、会陰部まで」
軟部外科攻略シリーズ3「肝臓と胆嚢」
軟部外科攻略シリーズ4「胸・頸部:喉頭から気管、肺、胸壁、横隔膜、心臓まで」
軟部外科攻略シリーズ5「泌尿器・生殖器系:腎臓から尿管、膀胱、前立腺、卵巣、子宮まで」
軟部外科攻略シリーズ6「頭部、上顎、下顎、体表腫瘍、断脚」
2015.6
日本獣医麻酔外科学会相川
胸腰部椎間板ヘルニアの診断と治療
2014.12
アジア獣医外科学会相川
Symposium 1; Neurosurgery IVDD
2014.11
動物臨床医学会年次大会相川
犬の老齢疾患 特に椎間板ヘルニアを中心に−犬の胸腰部椎間板ヘルニアの診断と治療−
2014.9
日本臨床獣医学フォーラム 年次大会相川
ベーシックな軟部外科の手順とピットフォール ①上部消化器外科の基礎 ②泌尿器外科の基礎
2014.6
獣医麻酔外科学会相川
頸椎の脊髄・神経疾患の診断と治療「環椎軸椎不安定症に対する陽性ネジピンとPMMAによる腹側固定変法:49例」
2014.1
獣医麻酔外科学会相川
胸腰部椎間板ヘルニアの診療テクニック「脊髄造影検査 Myelography」
2013.12
獣医麻酔外科学会 東京地区講習会相川
最新 小型犬の整形外科疾患に対する診断と治療「環軸椎不安定症」
2013.4
Synthes Vet Spine Seminar Advanced course相川
・環軸不安定症
2013.4
Synthes Vet Spine Seminar Basic course相川
・画像診断、胸椎減圧手術法(Hemilami/Dorsal lami)
2013.3
日本臨床獣医学フォーラム 北海道地区大会相川
・VTセミナー:人気犬種に見られる脊髄疾患患者に対する動物看護師の業務
・獣医師セミナー:人気犬種に見られる脊髄疾患
2012.6
WJVF (West Japan Veterinary Forum) 第3回大会相川
・胸腰部椎間板ヘルニアの外科治療を成功させるために
・小型犬種における橈尺骨骨折の治療
2012.6
獣医麻酔外科学会相川
環軸椎不安定症
2012.2
Synthes Vet Spine Seminar相川
画像診断、胸椎減圧手術法(Hemilami/Dorsal lami)
2012.1
日本獣医がん学会相川
日本獣医がん学会獣医腫瘍科認定医Ⅱ種講演会:外科療法
2011.12
獣医神経病学会相川
片側椎弓切除術と予防的造窓術を受けた軟骨異栄養性犬793頭の再発性椎間板逸脱
2011.8-10
学際企画相川
犬猫の膝関節疾患~治療の選択肢と手術法の要点・工夫点を症例から学ぶ~
2011.6
獣医麻酔外科学会相川
跛行症例の鑑別診断「神経疾患」
2011.5
インターズー主催 震災支援チャリティーセミナー相川
胸腰椎部椎間板ヘルニアの手術治療法
2010.11
動物臨床医学会 年次大会相川
・頸部椎間板ヘルニア「わたしならこう切る」腹側アプローチ(Ventral Slot)の手術手技
・犬の胸腰椎椎間板ヘルニアの診断と治療—犬の胸腰椎椎間板ヘルニアの内科治療,手術適応と外科的治療
2010.9
日本臨床獣医学フォーラム 年次大会相川
・脊髄徹底攻略:椎間板ヘルニアのアップデート
・脊髄徹底攻略:脊髄外傷に対しての精度の高い治療法
2010.8
Synthes Vet Spine Seminar相川
胸腰椎減圧手術法、画像診断法
2010.8
Interzoo Reader’s CLUBセミナー相川
押さえておきたい椎間板ヘルニアの診断と治療・アップデート 「胸腰部椎間板ヘルニアの手術治療法」
2009.12
獣医麻酔外科学会相川
重症外傷患者の評価
2009.11
動物臨床医学会 年次大会相川
椎間板ヘルニアをどう料理するか その1・胸腰部椎間板ヘルニア–当施設の治療方針–
2009.9
日本臨床獣医学フォーラム 年次大会相川
胸腰部椎間板疾患の外科治療
2008.11
動物臨床医学会 年次大会相川
小型犬種の橈骨尺骨骨折 診断と治療
2008.6
獣医麻酔外科学会相川
脊椎の安定化手術「先天性脊椎形成異常(片側脊椎、蝶形脊椎)」
2008.4
日本臨床獣医学フォーラム 北海道地区大会相川
・VTセミナー:術前および術後管理
・獣医師セミナー:肛門および肛門周囲の外科
2007.10
Seoul 2007 Seminar相川
Spinal Surgery
Spinal Fracture
Feline intracranial disease
2006.9
日本臨床獣医学フォーラム 年次大会相川
・腹部消化器外科
・胸腔外科 開胸術と肺葉切除