電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

飼い主様へ

「日本小動物外科専門医」は厳しい条件と試験を突破して初めて与えられる資格です。
院長の相川は、当資格を有する都内で唯一の開業獣医師です。(2017年12月現在)
当院の患者様の約9割は他の動物病院からのご紹介で、遠方からも多くの患者様が受診されます。
診察および手術は当日より受け入れが可能になる場合がございますので、お電話にてお問い合わせください。

初診の患者様

  • ご紹介元の先生、もしくは飼い主様より電話で診察予約をお願いいたします。
  • セカンドオピニオンも対応しております。

ご来院される皆様

  • 初診および手術を検討されている方は、念のため食事は前日の夜10時以降控えてください。絶水の必要はありません。
    ただし、生後4カ月齢未満の場合は絶食時間が4時間を超えないよう、少量の食事を与えてください。
  • 院長の診察を希望される方は、午前中のご来院をお願いいたします。
  • 事前のご予約をお願いしておりますが、予約時間は目安になります。救急対応や診療内容により時間通りに診察を行えない場合がございます。ご了承ください。
  • 受診される動物について、普段の様子や現在の症状などがわかる方が一緒に来院してください。
  • かかりつけの先生には診察内容や治療方針について報告書、もしくは電話にて連絡をしております。その他ご要望等ございましたら、ご相談ください。
  • 緊急の場合は、電話でご連絡ください。
  • 12時より手術の準備に入りますので、午前診察終了時間の30分前には受付を済ませていただきますよう、ご協力をお願いいたします。

入院・手術を受けられる患者様

  • 入院時には治療費用の見積りの約半分を内金としてお納めいただいております。
  • 入院中の食事は病院で用意いたしますが、特定の食事(アレルギー食などの療法食、手作り食等)がある場合には、1回分を小分けにしてご持参ください。
  • 現在服用中のお薬がございましたら、ご持参いただくか、薬剤名・用量を記載したメモ等をお持ちください。

その他

  • 待合室では他の患者様と一緒にお待ちいただきますので、接触トラブルや逃走事故を防いでいただけますようご協力をお願いいたします。
    • 犬は首輪とリードを外れないようにしっかり装着し、リードを離さず短く持ってください。大型犬は予め飼い主様のみで受付を済ませていただき、診察準備が整うまで車もしくは外でお待ちください。スタッフが呼びにまいります。
    • 猫は必ずキャリーか洗濯ネットなどの袋に入れてください。特に病院や人に不慣れな場合には、洗濯ネットをお使いください。
  • お支払いは現金、またはクレジットカードにて承っております。※1
  • ペット保険の代行手続きにつきましては当院窓口では対応しておりません。※1
  • 駐車場は2台分ございます。混雑時は近隣のコインパーキング等をご利用ください。※2
  • 夜間緊急の場合は03–5988–7887までお電話ください。留守番電話のメッセージが担当獣医師の携帯に転送されます。※3
  • ペットホテル、トリミングは行っておりません。※1