電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

胸腰部椎間板疾患を治療したMちゃん

患者紹介

パグ、メス、7歳。
約3週間前に両後肢不全麻痺を発症、15日前に歩行不可能となりました。

  • 術前のMちゃんの様子

診断

神経学的検査の結果T3-L3脊髄傷害が疑われました。また単純レントゲン検査で尾側胸椎関節突起の形成異常が認められたためCTによる関節突起の詳細な評価および脊髄造影検査を行いました。

  • 単純レントゲン画像

CT画像では、T10-11-12後関節突起の形成異常が認められました。

  • 後関節突起の無形成および低形成

また造影検査でT11-12椎間において脊髄圧迫病変を認めました。

  • 脊髄造影検査:脊髄圧迫病変が確認できる
  • ストレス撮影:画像は屈曲時と伸展時、この他にも様々な姿勢や角度で撮影を行い不安定性などを確認します

治療

T11-12片側椎弓切除術およびCorpectomyを行い、脊髄を圧迫する椎間板物質を除去しました。

  • 椎間板物質を取り除いている様子
  • 脊髄腹側の癒着が認められたためCorpectomyを追加

不安定性が認められた脊椎に対し椎体固定術を実施しました。

  • 陽性ネジピンと骨セメントを用いた椎体固定術
  • 術後のレントゲン画像

術後経過

術後5日目から歩行可能となり退院時には軽度にふらつきながらもよく歩行する様子が確認できました。

  • 術後1週間のMちゃんの様子

今後さらなる歩様の改善と長期的な予後が期待できます。