電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU
国内外で高い評価を受ける日本小動物外科専門医による診療で病気に苦しむ動物に最善の医療を提供します
専門分野
骨関節外科
脳神経外科
頭頸部外科
呼吸・循環器
外科
肝臓・胆嚢
膵臓外科
消化器外科
泌尿・生殖器
外科
体表外科

相川動物医療センターは外科治療を中心とした診療を展開しており、院長の相川は日本獣医麻酔外科学会・日本小動物外科専門医協会による資格認定を受けた東京で唯一の「日本小動物外科専門医」です。科学的根拠に基づいた治療を皆様の大切なご家族に提供できるよう努め、また、最新治療の研究成果、ならびに当院の実績をわかりやすく説明することを常に心がけています。

日本小動物外科専門医とは
日本小動物外科専門医協会が認定する日本小動物外科専門医は、3年間の小動物外科レジデントプログラムに従事し、その後、認定試験に合格した者に与えられ、2009年4月にその制度が開始されました。
資格取得に必要な基準が厳しく設けられているため、本資格の保有者は、2019年3月現在、日本国内及び北米において12名です。

お知らせ

2022.1.19
お知らせ>2月の診療スケジュールを更新しました
2月10日(木)は院長の診療は臨時休診となります。また水曜、日曜、祝日も同様です。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
新型コロナウイルス感染症対策の一環として院内での過密を避けるために、引き続き分散来院へのご協力をお願いいたします。また、院内の換気を励行するため窓を開放しております。飼い主様におかれましては、リード等のご準備をお願いいたします。
※午後診療をご希望の場合は、必ずお電話にてご相談ください。
2022.1.9
お知らせ>>1月の診療スケジュールが変更になりました!
13日(木)、22日(土)の院長診察は臨時休診になりました。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
新型コロナウイルス感染症対策の一環として院内での過密を避けるために、引き続き分散来院へのご協力をお願いいたします。また、院内の換気を励行するため窓を開放しております。飼い主様におかれましては、リード等のご準備をお願いいたします。
※午後診療をご希望の場合は、必ずお電話にてご相談ください。
2021.12.19
専門分野>>骨盤骨折に関連する記事を更新しました!
当院で外科治療をした患者さんを紹介しています。是非ご覧ください。
2021.12.17
専門分野>>前腕骨成長板障害に関する記事を更新しました
 尺骨遠位成長板早期閉鎖による橈尺骨形成異常を矯正骨切り固定術により治療したチワワ
2021.12.16
専門分野>>脊髄くも膜憩室に関する記事を更新しました
 脊髄くも膜憩室を治療したフレンチブルドッグのEちゃん
2021.12.3
専門分野>>浅趾屈筋腱脱臼に関する記事を更新しました
浅趾屈筋腱脱臼(Luxation of Tendon of Superficial Digital Flexor Muscle)
2021.10.28
求人情報>>動物看護師を募集しています!
2020.6.14
活動報告>>当院の研究報告論文が 2年間で最もダウンロードされた論文の1つに選ばれました!
2017.12.18
小学館「犬の名医さん100人」に院長が掲載されました
2017.12.17
院長が日本で第1号の日本小動物外科専門医の認定を受けたことが「SURGEON」に掲載されました
2017.12.16
日刊ゲンダイに椎間板ヘルニアの名医として紹介されました

診療スケジュール

※院長診察は午前中となります。

診療カレンダーはInternet Explorerに対応しておりません。
Microsoft EdgeGoogle ChromeFirefox等のより新しいブラウザーをご利用ください。