電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

外傷性肘関節脱臼(Traumatic Elbow luxation)

外傷性肘関節脱臼とは

落下事故や交通事故などの外傷による肘関節脱臼です。上腕骨内側顆が外側顆に比べて大きく、内側顆は外方へ傾斜しているという肘関節の解剖学的な理由により、ほとんどの肘関節脱臼は外方へ脱臼し、靭帯や関節包などの軟部組織損傷を伴います。3歳以上の大型犬に多く、若い動物では尺骨骨折と橈骨頭脱臼を併発したモンテジア骨折を起こすことがあります。

脱臼後はできるだけ早期の治療が必要で、治療が遅れると筋肉の拘縮や関節周囲組織の線維化、関節軟骨損傷などを引き起こし治療が困難になります。多くの外方脱臼は脱臼後2〜3日以内であれば非観血的に整復することが可能で、肘関節を伸展させた状態でスパイカ・スプリントと呼ばれる外固定を2〜4週間行います。非観血的整復後の肘関節が不安定な場合、脱臼を繰り返す場合、徒手操作での非観血的整復が困難な場合、関節内骨折を起こしている場合、慢性的な脱臼などでは外科治療が必要となります。

外科治療

関節を整復後、関節包のマットレス縫合や大径ナイロン縫合糸による安定化などを行います。これらの治療だけでは十分に安定化しない場合や橈尺関節の脱臼がある場合、スクリューやピンなどのインプラントを用いて骨や関節を不動化します。

関連リスト