電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

気管虚脱を治療したSちゃん

患者紹介

トイ・プードル、13歳、避妊雌、体重2.6kg
肩関節脱臼の手術を目的に紹介来院しましたが、移動時に興奮し病院到着時には呼吸困難と熱中症に陥っていました。緊急的に酸素吸入、アイシングなどを行い安定化させました。カフテスト陽性、吸気時の喘鳴音、X線画像などから、気管虚脱による呼吸困難と考えられました。

  • 熱中症状態から立ち直った後のSちゃん

診断

  • X線検査
  • 右肩関節の脱臼が認められる
  • 吸気時に頸部気管が虚脱し内腔が完全消失している

普段から興奮時に呼吸が苦しくなることを繰り返すなど症状が重度だったため、気管外プロテーゼを用いた外科的な治療を行うこととなりました。
Sちゃんに適用した治療法は、2019年Veterinary Surgery誌に掲載された、AMC末松どうぶつ病院の末松正弘先生の論文を参考にした術式です。

  • Continuous extraluminal tracheal prothesisを気管に設置している様子
  • ポリプロピレン糸でプロテーゼと気管を縫いつけます
  • 同時に肩関節脱臼に対する手術も行いました
  • 術後X線検査
  • 十分に拡張した気管が確認できます

手術後は集中的に呼吸状態をモニタリングしましたが、合併症は見られませんでした。退院時には咳や呼吸困難などはなく、また肩関節脱臼が認められた患肢をよく使用していました。

術後経過

手術から1ヵ月後の歩行の様子です。

関連リスト