電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

グレード3と4の膝蓋骨内方脱臼を治療したロコちゃん

患者紹介

トイプードル、9ヵ月、避妊雌、体重1.4kg
数週間前より左後肢の跛行があるとの主訴で来院しました。

診断

整形外科的検査において、右後肢グレード3、左後肢グレード4の膝蓋骨内方脱臼と診断しました。
グレード4で常に脱臼している左後肢は、足が内側に捻れてうまく負重ができない状態です。しばらく歩くとしゃがみこんでしまいました。

  • X線検査
  • 矢印:グレード4である左後肢(向かって右側)の膝蓋骨が内側に脱臼している

治療

両側ともに脛骨粗面転位術、滑車溝形成術、外側支帯重層術を行い、グレード4であった左側は縫工筋および内側広筋の解放を実施しました。

  • 術後X線

術後経過

手術から5日後と3週間後の様子です。

  • 術後5日
  • 術後3週間

左後肢の内側への捻れがなくなり、足を真っ直ぐにして歩く様子が分かります。時間の経過とともに跛行の程度も改善しています。

 

手術から4ヵ月の定期検診では、跛行なく元気に走り回っていました。両側共に膝蓋骨の脱臼はなく、萎縮していた大腿部の筋肉量が回復し経過は良好です。

  • 術後4ヵ月のX線検査

関連リスト