電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

脛骨異形成症に対して脛骨矯正骨切りとPMMAによるFree-form創外固定法を行ったを行ったLちゃん

患者紹介

カニーヘン・ダックス、1歳4ヵ月、雄
右後肢の跛行を主訴に来院されました。

  • 術前の歩様

診断

右後肢の体重負重性跛行、右側脛骨遠位の内反変形が認められました。
また、両側膝蓋骨外方脱臼(右:GⅡ、左:GⅠ)と診断しました。

  • X線画像
  • 3D再建CT画像

治療

右側脛骨遠位の内反変形に対して矯正骨切り術および創外固定を行いました。
また、同時に右側の膝関節に対して膝蓋骨外方脱臼整復術を実施しました。

健常対側肢の脛骨近位、遠位の関節面に対する骨長軸の角度を測り、これらを基に理想的な骨切り中心点を算出しました。

   

  • 理想的骨切り線と矯正角度の測定

正常左肢のX線写真を参考にして理想的な骨切り線設定の為の角度測定を行います。
 
近位関節面(PJOL)および遠位関節面(DJOL)と、脛骨機能軸(MA)のなす角度(mMPTA、mMDTA)を測定。

mMPTA = 92°
mMDTA = 98°

   

正常肢のmMPTA(92°)とmMDTA(98°)を患肢に適用して求めた近位機能軸(PMA)と遠位機能軸(DMA)の交点が変形中心(CORA)。

※eOWA: expected osteotomy wedge angle 骨切り後の矯正角度

  • 脛骨異形成のX線画像

   

理想的な骨切り線では遠位関節面との距離が短く、固定強度の確保に必要な複数のピンを挿入できない為、実際にはこれより近位で骨切りします。

  • 理想的な骨切り線 CORAを通り遠位関節面に平行な線(赤線)

  

  • 手術中の様子
  • 骨切り線の近位と遠位に挿入角度、挿入面を変えて、各3本のフルピンを設置。 骨切り線で遠位関節面に平行に内側よりサジタルソーで骨切りを行う。
  • その後健常対側肢を参考に内反および内旋変形をopen wedge法で矯正し、外側にPMMAを用いたFree-from創外固定法を実施。
  • 膝関節滑車溝低形成による膝蓋骨外方脱臼の矯正の為に、滑車溝楔形形成術と内側関節包縫縮術を実施。 楔形形成術の際に海綿骨を採取。
  • 矯正角度調整の為にPMMA固定をギブスカッターにより切断し再矯正後に再固定
  • PMMA外側再固定後に滑車溝楔形形成術の際に採取した海綿骨を矯正部の骨欠損部に補填した

   

  • PMMA外側再固定後、X線画像
  • PMMA外側再固定後に滑車溝楔形形成術により採取した海綿骨を矯正部の骨欠損部に補填した

レントゲンにより内反および内旋変形に対する矯正角度、およびピンの位置を確認し、内側のPMMA固定を追加しました。

mMPTA = 90°
mMDTA = 92

   

  • 術後X線画像

術後経過

術後の経過は良好で、患肢を使いよく歩いています。

  • 術後4日目の歩様
  • 術後1ヵ月の歩様

関連リスト