電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

腰仙椎疾患のCちゃん

患者紹介

トイ・プードル、12歳、避妊雌
「左後肢を挙げてしまう様子が見られた後、立てなくなった」という主訴で来院しました。

診断

歩行時のふらつきがあり、両後肢の不全麻痺が認められました。

  • X線検査
  • 第7腰椎(L7)と仙骨(S1)が脱臼している

治療

脊髄造影検査により腰仙椎疾患と診断したのち、背側椎弓切除術および腰仙椎椎体固定術を実施しました。

術後経過

術後約2ヵ月で麻痺が消失し、歩行可能になりました。

関連リスト