電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

股関節脱臼を治療したFちゃん

患者紹介

トイプードル、10歳、避妊雌、体重4.0kg
1週間前の散歩中に右股関節を脱臼し、非観血的整復を2回行いましたが再脱臼を繰り返したため、治療方針の相談に来院しました。

診断

右後肢を持ち上げて頻繁に跛行し、触診では右股関節に疼痛がありました。

  • X線検査
  • 右股関節の頭背側脱臼が認められる

Fちゃんのように脱臼を繰り返す場合や、麻酔下での徒手操作で非観血的整復が困難な場合、非観血的整復後の股関節が不安定で再脱臼する場合などに外科的治療が必要となります。(股関節脱臼「治療」参照)

治療

大腿骨頭切除術を実施しました。

術後翌日から右後肢に負重がみられ、3日後に退院しました。

術後経過

股関節のストレッチ、水泳、不安定な地面を歩くなどのリハビリに積極的に取り組み、術後4ヵ月では跛行が改善しました。

術後1年の検診時は元気に走り回っていました。

関連リスト