電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

下顎骨を温存して棘細胞腫性エナメル上皮腫を切除したPちゃん

トイプードル、避妊雌、6歳
右下顎の腫瘤を指摘され当院を紹介来院しました。

口腔内検査で前臼歯周囲歯肉に腫瘤性病変が見つかりました。

  • Pちゃん
  • 前臼歯周囲歯肉の腫瘤性病変

腫瘍の場所および大きさなどから下顎骨を温存できると判断し右下顎部分切除を行いました。(Arzi B, et al. Vet Surg 2010)

  • 下歯槽神経より背側で骨切りし腫瘤を切除しました

腫瘤は棘細胞性エナメル上皮腫と診断されました。
術後は硬いフードを控え、現在では手術以前と変わらぬ生活を送れています。腫瘤が小さい早期のうちに手術を行えたため、下顎骨を温存し容姿に影響を与えること無く腫瘍細胞の完全切除ができました。

  • 上から術前、術直後、術後2ヶ月のレントゲン画像:下顎骨欠損部のリモデリングが確認できる

関連リスト

口腔腫瘍