電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

右尾側上顎切除により悪性黒色腫を切除したヨークシャテリアのNちゃん

ヨークシャテリア、オス、12歳
顔面を気にする様子から飼い主様が頬の腫れに気づき当院を来院しました。
右上顎尾側の口腔内に腫瘤が見つかり、流涎・出血も認められました。

腫瘤の切除生検とリンパ節FNA、全身のCT画像撮影を行いました。リンパ節転移および遠隔転移は認められませんでした。腫瘤は悪性黒色腫と診断されました。

  • CT画像:腫瘤が眼窩内に浸潤している様子がわかる

尾側上顎切除を行いました。同時に頬骨弓と下顎垂直枝の切除、眼球摘出が必要となりました。眼窩正円孔領域の上顎神経ブロックと麻薬性鎮痛薬の持続点滴により手術直後も痛がる様子はありませんでした。

  • 手術前後のCT画像
  • 術後の栄養管理のためPEGチューブを設置しました

現在臨床症状はありませんが、病理検査結果で切除組織の断端に腫瘍細胞が認められたため、日本小動物がんセンターにて免疫チェックポイント阻害薬(抗PD-1抗体薬)を用いた追加治療を行っています。

  • 手術3ヶ月後のNちゃんの様子

関連リスト

口腔腫瘍