電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

髄膜腫のAちゃん

患者紹介

チワワ、6歳、雌
全身性の痙攣発作と後肢ふらつき、転倒を主訴に当院を来院しました。

診断

  • MRI検査
  • T2強調像 (sagittal)
  • T1造影後 (axial)

左前頭葉に造影剤に染まる腫瘤性病変を確認しました。T2WI画像では硬膜内髄外の所見が得られ、周囲組織との境界も明瞭でした。

治療

開頭術と腫瘍の切除を行いました。

術後も順調に回復し一週間で退院できるほどになりました。

  • 手術直後のAちゃんの様子

術後経過

手術後12ヵ月の間は発作もなく姿勢反応も正常に歩行していましたが、その後、発作とふらつきを再発してからは緩和療法を続け、手術より20ヵ月弱で亡くなりました。

関連リスト