電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

髄膜腫のHちゃん

患者紹介

日本猫、去勢雄、15歳、体重3.1kg
約1年前から夜鳴きや粗相などの行動学的異常が始まり、後ろ足に力が入らない様子がありました。1ヵ月前からは眼振と旋回、顔面のチックが見られ、来院1週間前に意識を失う全般発作を起こし来院しました。

  • うつろな表情のHちゃん、被毛粗剛と削痩がある

呼びかけや刺激に対する反応が乏しく、軽度の意識障害が認められ、運動失調と右片麻痺、左頭位回旋および旋回、垂直眼振を確認し大脳から小脳に影響を及ぼす頭蓋内病変を疑い頭部MRI撮影を行うこととなりました。

  • 眼球が縦に揺れている様子が確認できる:垂直眼振
  • 左旋回している様子
  • 意識状態が低くケージ内を徘徊している

診断

MRI検査では前頭葉から頭頂葉にかけて巨大な腫瘤性病変が確認でき、特徴的な画像所見より猫の髄膜腫が疑われました。また、腫瘤によって脳圧が亢進し、大孔ヘルニアや小脳扁桃ヘルニアなども見られ危険な状態であることがわかりました。

  • MRI検査
  • T1造影画像:大脳領域に巨大な腫瘤が認められる。一部前頭骨に腫瘍が浸潤している
  • T2画像:脳圧の亢進所見や脳ヘルニアが確認できる

治療

脳腫瘍摘出のため開頭手術を行いました。

  • 経前頭洞および吻側テント複合アプローチの様子
  • 前頭骨への腫瘍浸潤を含めて切除している

  

  • 脳腫瘍摘出の様子、巨大な腫瘤を摘出した

  

  • 摘出した腫瘤。フルオレサイト蛍光造影剤によって腫瘤は黄色く染まっている
  • 前頭骨浸潤部位の内面

  

腫瘤は病理検査で髄膜腫と診断されました。

術後経過

術後翌日より意識状態や活動性の改善が見られ、術後9日目に退院しました。
猫の髄膜腫では腫瘍と周囲組織との境界が明瞭であることが多く、完全切除ができる場合があります。Hちゃんにも良好な予後が期待できます。

  • 手術翌日のHちゃんの様子、食事をよく食べ意識状態もしっかりしている
  • 術後9日目のHちゃんの様子

関連リスト