電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

頸部椎間板ヘルニアに関連した脊髄動的圧迫のターボちゃん

患者紹介

チワワ、11歳、雄
3ヵ月前より認められる慢性進行性の四肢不全麻痺を主訴とし、ホームドクターでMRI検査を実施したところ、頸椎に多発性の脊髄圧迫所見を認め手術の相談のため当院に来院しました。

身体検査では頸部痛は認められませんでした。自力歩行は可能でしたが、立ち上がりがやや困難でした。
神経学的検査では意識レベルおよび脳神経に異常はなく、四肢の姿勢反応は消失、脊髄反射は四肢でいずれも正常でした。頸部脊髄障害の神経学的グレード2–中等度と評価しました。

再来院(1ヵ月後)

初診より約1ヵ月後、伏臥位からの起立が困難になり再来院しました。頸部脊髄障害の神経学的グレード3と評価しました。

診断

  • X線検査
  • 第5-6-7頸椎間における変形性脊椎症および一部椎体の癒合を認める

大槽穿刺により脳脊髄液(CSF)を採取し、院内での簡易的な性状検査を実施して炎症性疾患の可能性を除外した上で、脊髄造影検査を実施しました。

  • 脊髄造影ストレス検査
  • 第4-5-6椎間に脊髄動的圧迫病変を認める
  • CT検査
  • 第4-5-6頸椎間に脊髄造影検査と一致した病変を認める

治療

第4-5-6頸椎間に対しベントラルスロット術および椎体固定術を実施しました。

術後は呼吸状態が落ち着くまで一時的に酸素吸引を行いましたが、経過は良好で術後3日目には起立姿勢を維持できるようになり、術後5日目に退院しました。退院時の頸部脊髄障害の神経学的グレードは2–中等度でした。

術後経過

術後2週間の抜糸時にはふらつきは改善され、頸部痛は認められませんでした。今後は徐々に運動量を増やしリハビリを継続していくことで、さらなる改善が見込まれます。

術後7ヵ月の様子はふらつきもなく、元気に走っています。

関連リスト