電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

頸部椎間板ヘルニアのるなたんちゃん

患者紹介

ミニチュアダックスフンド、9歳、避妊雌、体重4.8kg
来院前日、急に前後肢ともに立てなくなりました。他院でのMRI検査で頸部椎間板ヘルニアと診断され、外科手術のために来院しました。

診断

頸部痛はありませんでしたが、四肢不全麻痺と運動失調があり、自力で立ち上がることができませんでした。神経学的検査で頸部脊髄障害の神経学的グレード3と評価しました。

  • MRI検査
  • 第4-5頸椎間で正中〜右腹側から中等度の脊髄圧迫病変が認められる

治療

第4-5頸椎間に対しベントラルスロット術を、隣接する第2-3、3-4および5-6椎間に対して造窓術を行いました。

手術翌日より歩行可能となり、退院する頃には歩行時のふらつきはほとんどありませんでした。

関連リスト