電話
03-5988-7888
FAX・時間外救急電話
03-5988-7887
MENU

橈尺骨骨折(Radial & Ulnar fractures)

疫学

トイプードルやポメラニアンなどの小型犬でよく認められ、抱っこからの落下やソファーからのジャンプといった些細な事故の結果起こるものがほとんどです。小型犬の橈尺骨骨折はそのほとんどが手首に近い遠位に発生し、外固定法や髄内ピンなどの固定法を単独で用いた場合には癒合不全などの合併症が起こるリスクが高いことが知られており、特別な症例を除いてはプレート法または創外固定法などの方法で強固な固定をすることが望ましいとされています。
プレート法と創外固定法にはそれぞれ特徴があり、骨折の形態や患者の状況(年齢、体重、活動性、健康状態など)、飼い主様の意向など、様々な要素をもとに治療方針を決定します。

治療

  • プレート法

ステンレスあるいはチタン製のプレートを、スクリューを用いて骨折部位に固定する方法です。強固な固定をもたらし術後早期の負重が可能で、術後管理が容易である一方、適切な大きさのプレートや十分な数のスクリュー設置が制限される、侵襲が大きい、プレートに過度の負荷がかかって起こる骨粗鬆症および再骨折などの合併症が起こることなどが知られています。

  • プレート法により治療した犬のレントゲン画像

これまでに当院でプレート法により治療した約70頭の小型犬全てで、骨癒合および良好な患肢の使用が確認されました。これらの患者さんを長期にわたって調査した結果、プレート除去などの再手術を必要とした割合は6.2%でした。最も多くみられた合併症は皮膚に関連した問題で、プレートの刺激による皮膚炎や手術部位の感染、術後の包帯装着に関連した潰瘍などが10.8%で認められました。これらの治療成績は2017年に獣医麻酔外科学会で発表し、2018年には論文として米国および欧州の獣医外科専門医協会の公式ジャーナル Veterinary and Comparative Orthopaedics and Traumatology に掲載されました(PMID: 29684919)。

  • 創外固定法

近位および遠位骨片に数本ずつワイヤーを挿入し、そのワイヤーを皮膚の外で固定する方法です(写真)。プレート法と比較して、①骨折部への侵襲が少なく血液供給を温存できる、②必要に応じた強度の固定を自由に選択できる、③小さい骨片にも適用が可能、④手術時間が短い、⑤ワイヤーの除去が容易、⑥インプラントが体内に残らない、などの利点があり、ほとんどの患者さんにはこの方法をお勧めしています。術後3〜4か月は包帯交換やピン周囲の消毒などのために複数回通院していただく必要があります。

創外固定法の中でも様々な装置がありますが、ほとんどの橈尺骨骨折はアクリル樹脂を固定具として用いた「Free-form」と呼ばれる方法で治療しています。当院に来院する橈尺骨骨折の動物のほとんどは小型犬の遠位骨折であり、この方法は小型犬の遠位橈尺骨骨折に対して非常に有用な側面を持っています。この方法で治療した動物約140頭のデータを算出したところ、癒合不全/癒合遅延などの合併症が生じた症例はなく、全ての症例で骨癒合と良好な患肢の使用が認められています。このデータを詳細に分析して結果をまとめた論文が、獣医外科学の最高権威である米国のジャーナルVeterinary Surgery誌に掲載されることが決まりました(PMID: 31140637)。

当院ではプレート法と創外固定法のどちらにも対応可能です。骨折の形態や動物の状況、飼い主様のご意向などに応じて最適な治療となるよう努めています。それぞれの治療法の利点と欠点、特徴、管理方法の違いなどがあるため、まずはご連絡ください。

関連リスト